Feeds:
投稿
コメント

MONSANTO YEARS

ロイター.co.jpによると、アメリカ・カリフォルニア州は26日、米農薬・種子大手モンサント(MON.N)の人気商品である除草剤「ラウンドアップ」に含まれる有効成分グリホサートについて、7月7日から発がん性物質のリストに加えると発表したそうだ。

モンサントと聞くと、いつのまにか反射的に中指を立ててしまう自分だが、とりわけ除草剤「ラウンドアップ」は、もっとも身近な、目に見えるモンサントなのだ。
多国籍バイオ化学メーカー、モンサントの遺伝子組み換え作物の種の世界シェアは90%。化学薬品、プラスチックや合成繊維の製造、かつてベトナム戦争で使われ、いまでもその影響が残る枯葉剤もモンサント製。
除草剤ラウンドアップはモンサントが研究開発した農薬の一つで、最近は、そのラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物とセットで開発販売されている。
モンサントは2017年中にドイツに本拠地を置くバイエル社に吸収合併されるそうだが、それは結局のところ、モンサントという汚れたイメージを払拭し、企業の企みをさらに拡大させるということなのだろう。

特定の作物だけは枯らさずにその他の草は枯らすことができる…。
それはようするに、自分にとって不都合なものはこの世からすべて消し去ってしまうことが可能になるということであり、自然生命の原理原則として、できないはずのことを実現可能にするということなのだ。
このことは発癌性物質の有無以前に生命倫理としての大問題であるはずだが、もはやその倫理観もラウンドアップによって消し去られてしまったかのよう。
こうしてつくられた意識は社会のあちらこちらに飛び火する。

問われるべき問題の本質は、雑草を枯らすために研究開発された薬品ではなく、自分にとって不都合なものはこの世からすべて消し去ってしまおうとする意識そのものを商品として売りさばいていることだと思う。
そこは人として立ちってはならない禁断の領域。
もはや手遅れだが、そこに踏み入ることは誰であろうと、多国籍企業であろうとけっして許してはいけなかった…。
そして、モンサントはきっとこう言う。
「望んだのはあなたでしょ」と。

そう…、
ラウンドアップに限らずもはや農家の必需品とばかりに除草剤が乱舞する日本の里山の現状を見れば、モンサントをここまで巨大化させてしてしまったのは、この社会に生きる我々そのものなのだということが痛いほどにわかる。
もちろん、猛毒の発癌性物質が含まれていることには企業としての責任はあるだろうが、おそらくそんなことはとっくの昔からわかっているはず。
人の意識が変わってしまうこととラウンドアップの因果関係を証明することは限りなく難しいのだ。

今年ついに…と言うか、ようやくと言うか、米づくりをはじめた。
苗の準備やら水の管理やらあれやこれやを人に頼りまくりながらではあるけれど。
そもそもどのくらいの広さでどのくらいの収量が望めるのかすらわからない自分。
そんな自分が米づくりをはじめた理由の一つは、米づくりにおける懸案、田んぼに育つ草とリアルに対峙してみたかったから。
自分で言うのも何だが、この忙しいのにさらに忙しくなるのは間違いないし、ほんと大馬鹿野郎だと思う。

長野市内の自宅から車で30分ほど。
でも、本業の仕事もあるので、田んぼに行けるのは多くても週に2回がいいところ。
田んぼに行く…ってことは=水草と向き合う…ってこと。
まわりには除草剤を使わない田んぼは殆どない、弟夫婦と自分たちぐらい。
お前らみたいなもの好きは村中探したってほんの数人だけだそうだ。

6月の末に田植えをしてから早一ヶ月。
稲は順調に育ってはいるものの、あれやこれやの水草たちも同じく順調に育っている。
できることなら、ビオトープ的な共存共生とゆきたいところだけれど、残念ながらビオトープ状態では米の収穫はあきらめるしかないらしい。
稲の成長を優先するとなると稲以外の水草たちは要らぬものとしての扱いにせざるを得ない。
でもね、奴らも必死なんだ。
ひっこ抜いても、ひっこ抜いても、次から次へと生えてくる。
だからこっちも必死にならなきゃな…って思う。
米つくってる農家の人からしたら自分たちなんて遊びみたいなものだと思われてるだろうけどね。
まぁたしかに自分としても何やってるのかなって思うし。
でもね、草を抜きながら思うわけですよ。
これでできた米は最初にどうやって食べようかな…とか、
もう少ししたらいまは要らない水草も少しは残せるのかな…とか。
畦の草花は残してもいいかな…とか。

こんな大馬鹿野郎と一緒に田んぼに入りたい人はどうぞお気軽にご連絡ください。
只今、大水草祭り開催中です。

Monsant
広告

言語の絶滅

「私たちは種や生物の多様性を守るために多くの金を投じている。ならば、なぜ私たち人類だけが使う特有の言語を同じように活性化させて守ろうとしないのか」

「言語の絶滅」で失われる世界の多様性
http://www.newsweekjapan.jp/stori…/…/2017/01/post-6671_1.php

 

文化とは人がこの世を生きることをつうじて得られる、この世の関係性についての理解の総体であると理解している。
この世の関係性について長い時間をかけて理解し形成されてきた言語とはまさしく究極の文化であり、私たちが如何に多様な社会を生きているのかを知るための重要な手掛かりとなる。と同時に、人としての尊厳、平等性、自由性、自立性、自発性を担保する最も身近な文化表現が言語なのかもしれない。
言語の多様性を守ることは、現代社会に蔓延し続ける無益な争いを食い止めるための大きな手立てとなることは間違いないと思う。

 
日本の民俗学の祖とも言える柳田國男は、日本人の伝統的な世界観として「ハレとケ」という概念を見出したのだそうだ。
ハレ=晴れ あるいは 霽れ は、儀礼や祭、年中行事などの「非日常」を。ケ=褻は普段の生活である「日常」を表すもの。
柳田國男民俗学に対する個人的好き嫌いはともかく、風俗や習慣、伝説、民話、歌謡、生活用具、家屋…などなど、古くから民間で伝承されてきた有形、無形の行いに目を向ける民俗資料は、いまがどういったいまなのかを知り、次に何処へと向かうべきかを考えるためにとても重要だと思う。
 
民俗学をはじめて知ったのはいまはむかし、美術大学で民俗と民族の違いに気付かぬまま「民俗学」を履修したとき。
しかしこれといった華やかさのない、どこか淡々とした民俗学は当時の自分には退屈で、授業はさぼり気味。
結局、単位は落としてしまったものの、講義内容で唯一覚えているのが柳田國男の「ハレとケ」についてだった。
大学を卒業し、流されるままに美術の世界へと向かった自分だったが、20代も終わりに近づいた頃。
画廊や美術館は「ハレ」であり、そこに展示される作品もまたハレ…自分の興味はどうもハレでは無いような…自分の興味をしいて言うとしたら「ケの美」なのではないかと思うようになっていた。
現代と過去を比較して、かつての日本の方が良かっただとか、そうした日本を取り戻さねばならないとか言うつもりはまったくないけれど、暮らしにくさや生きづらさとして感じるもの…そういった、社会にいつの間にか生じる歪のようなもの…自分の興味はどうやらそこらあたりにあるということに気付きはじめたのがその頃だった。
 
「美」にはそうした歪を無くしたり、歪を別の何かへと変換することができるのではないのかと…。
華やかなハレの場に飾る美ではなく、日常と共にある美とは何なのか…
あれからこんなにも時は経ち、あの頃自分が探しはじめた「ケの美」は見つかったような気もするし、見つかっていないような気もするし。
 
「繋がり」が声高に叫ばれ、強調され、妙な連帯感を強いられる世の中に違和感を感じる自分。
経済優先・効率重視の社会が人と人の繋がりを希薄にさせた…だから繋がりは大切なのだと言ってしまうのは簡単だが、繋がるとはどういうことなのかの本質を捉えずしてのそれは、単に繋がり創出ビジネスなだけ。そのうちすぐに飽きがくる。
ビジネスを否定はしないけれど、ハレもケもないビジネスには自分は興味が向かない。
とは言え、ビジネスも社会における何らかの関係性であるとするならば、そうした関係性が生まれる根底には日本なら日本的な、アメリカならアメリカ的な世界観があるのかもしれない。
まぁそれも過去のビジネスに限ってのことかもしれないが。
ビジネスが単に効率重視の金集めだと思われてしまう理由は、伝統的な世界観が失われてしまった結果。
伝統的世界観は現代ビジネスに望まれていないと考えても良さそうだ。
 
面白さを見出だせることしかしたくない…というかできない自分が、いま面白いと思うことだけをしていたらなんとなく建築的な仕事のパーセンテージが増している。
そもそも自分が何に対して面白いと思うかを考えてみれば、そこにはいつだって「ケの美」が関係していることに気付く。
ものづくりであれ何であれ、想像し創造することは楽しい。
せっかくこの世に生まれてきたのならこの世を生きているとまざまざと感じたい。
そう思いながら生きる途上で様々な人に出会い、モノやコトに出会ってきた。そんないま、建築的な…と言ってしまうのは、自分が面白いと思う建築的なことと自分が面白いと思う美術の間の境界線が限りなく曖昧だから…。
ようするに自分にとっては建築であろうが美術であろうがどうでも良いこと。
印象派だろうが現代美術だろうが、木造伝統建築であろうがコンクリート建築であろうがどうでも良い。
自分にとっての興味はそこに「ケの美」はあるのかということなのだ。
 
柳田國男は日本人の伝統的な世界観を、儀礼や祭、年中行事など「非日常」である晴れ あるいは 霽れ=ハレ、普段の生活である「日常」を、褻=ケであるとした。
この概念を基に建築を見てみれば、神社やお寺はハレの象徴建築で、そういった建築に関わる人々、とくに大工職は「宮大工」。
その昔には無かったはずの図書館や病院、役所等、いわゆる公共建築と呼ばれるものも人が日常的に暮らすことと区別すればハレの建築と言えそうだ。
となると、これに対するケの建築は、人々の日常の暮らしが営まれる個人住宅ということになるのだろうか…。
否。自分はそうとは思えない。
 
住宅という使用目的からでは無く、それがつくられる目的性と普段の生活である「日常」との間にズレを感じる。
住宅を建てることによって生まれる経済循環が住宅産業と呼ばれるように、普段の生活の場である住宅建築が効率重視のビジネスの対象であることは否定できない。
もちろん、そこに住まう人もそれをつくる人も単に経済のことだけを考えているとは言えないにしろ、日本人の伝統的世界観を優先することは難しいだろうし、そもそも権力の象徴的な要素が薄い、人の暮らしの場である「家」に於いての「ケ」を考えれば、たとえそれがいつの時代であったとしても経済的効率は考えざるを得ないはずだ。
…となると、建築に「ケ」は存在するのか。
 
自分はそれは「家」のつくり方、つくられてゆく過程に「ケの建築」の姿があると思っている。
たとえば日本の原風景とも言える農村の風景。
そこにある家がどのようにつくられてきたのか想像してみる。

杣や杣氏が山の木を刈り、大工がそれを使って家をつくる。
時に村には大工職もいたかもしれないけれど、そうした家づくりの大部分は村人全員が何らかのかたちで携わったそうだ。
木を刈る。木を挽く。木を曳く。木を刻む。木を建てる…泥を練る。泥をぬる…。
そうした日常によってケの建物がつくられるのではないか。
 
いまはまだイメージするだけにすぎないけれど、いつの日か「ケ」の建物がつくってみたいと思うようになった。

17630141_1207336426052674_1004420822603283566_n

こんなこと

雲の切れ間から見える岩手山の稜線
雨に濡れた森の匂いの中に、赤松特有の香りが混じる。
 
思えばもう長いこと、こんなことばかりしている。
「こんなこと」…が、いまの自分の仕事のようなものかもしれないけれど、
あんなこともそんなことも自分にとってはどれもが「こんなこと」。
どうして「こんなこと」ばかりしているのかを伝えようとすればするほどに
「こんなこと」は増え続ける。
 
木を伐る
板を挽く
柱を組む
土を練る
土をぬる
 
土に還す
 
木が生える
 
こんなことをずっと見ていたい。

 
 場所:ピネムの森  撮影:yoshiyoshi

「HOME or TENT」

 
私のことを知っている人 …と言うか、私の外見や行動から生じるイメージからすると、野宿なんて全然平気な人だと思われているかもしれない。
事実、その昔、大学入学当初は中央線、荻窪駅北口あたりに下宿していたにも関わらず、高尾駅、東京駅、武蔵小金井駅、吉祥寺駅…でさんざん野宿?を繰り返した私は、いい加減、家で寝たくなって、国立(くにたち・正確には国分寺市)に引っ越したのだった。
まぁ、血中アルコール度超過の正気では無い状態でのあれを野宿と言って良いのかどうかはわからないが、その後、正気の状態で幾度も、あちらこちらで野宿をしてみようと試みたものの、未だに野宿で健やかな睡眠状態に至れたと思ったことがない。
 
思えば子供の頃から野宿に憧れていた。
いつからか野宿は格好良いと思い込んでしまっている自分は、未だ、男ならやっぱ野宿だろ!!…と思っているのだが、その思い込みが結果として、縄文時代に対する興味や、アイヌをはじめ、世界各国の先住民、自然と共存しながら暮らしている人々、その暮らしぶりへと向かったのだと思う。
 
だがそうしたことを少し客観的に、冷静に考えてみると、自分が「野宿」に憧れることによって結果、ずっと意識しているのは、「宿」ようするに『家』の有り様なのだと思う。
家の有り様とは言い変えれば、「家と人との関係」ということになろうか。
 
そもそも人はなぜ「家」を必要とするのか。
「家」とはいったい何なのか。
…最近になってようやく、
自分はそのことについてもうずっと、長いことそのことばかり考え続けてきているのだということに気が付いた。
 
考えてみれば家と外との違いなんてほんの僅かなこと。
どんなに薄っぺらな布でできていようが、テントの中に入れば超熟睡できてしまうのが自分。
雨が降ったら熟睡はできねーな…と思うこともあるけれど、最近のテントはそこそこの雨ぐらいなら濡れるなんてことも無い。
気にするのは、そこが平らかどうかと凸凹ぐらい。
…でも、ずっとテントに暮らせるのか?
最長いでも一週間ぐらいしかテント暮らしは続けたことは無いけれど…。
場所にもよるけれど、トイレなんて無くても平気。
最近流行りの?野糞で十分。
風呂なんて入らなくてもどこかに水があればなんとかなる。
水は必要でも水道である必要は無い…。
 
もう随分前に、フィンランド人の写真家が私達が東京で暮らしている時に改装し運営していた家に泊まりながら、東京近郊で写真撮影をしていたことがある。
10日ほど滞在していたであろうか。隅田川の堤防の川辺りや、多摩川の河川敷など見られるホームレスの人々が暮らす、いわゆるホームレスホーム撮影するつもりだと言っていたが、彼は母国フィンランドでも同じくホームレスの人のテントを撮影していた。
おそらく彼は、人の目には見えない都市の影の部分(あるいは都市の暗)を写真によって捉えようとしていたのだと思う。
彼は写真だからこそ見える何かを捉えようとしていたのだと思うのだが、彼の写真を見ると、同じホームレスホームでも、明らかにフィンランドのそれと日本のそれは異なるものだった。
それをあえて一言で言うとすれば、日本のそれは「家」
フィンランドのそれは「テント」だった。
 
あれから時は過ぎ、東京を離れ長野に暮らしている。
長野に来てから、ホームレスホームはみていない。
築100年に近いであろう土蔵づくりの倉庫を改装し暮らしている自分。
 
自分が暮らすここは「家」なのだろうか。
はたして自分は「家」を求めているのだろうか。
 

13615137_976505525802433_7841665511470208758_n

「学び」

 
現在進行中の家づくりの為に必要な材料…デットストック材や古民家を解体して集めた古材、木舞壁に使う竹…などを、集めまくっていた倉庫を事情があって引き払わねばならなくなり、先日その搬出がようやく終わった。
早いところ家づくり作業を再開せねばなならい焦りがあるものの、いまのままじゃこれから使う予定の材料も取り出せない…。
 
10年程前まで元土木建築業者さんの資材置き場兼建設重機車庫だった倉庫を貸してもらった。
建築足場+単管+ブルーシートで被われた、水無し、電気無し、トイレ無し…どこから見ても、誰が見ても、危険な気配度満点の、まさにアジトと呼ぶにふさわしい倉庫内には、かつて使われていたのであろう道具やら部品やら建築資材の残材に加えて自分が運び込んだ材料でごった返している。
は〜〜〜いったい俺は毎日何をしているのだろう…とため息も出るけれど、せめて手を洗う水ぐらいは…と、発電機のエンジンを回し、水中ポンプを倉庫から少し下がった場所を流れる川に沈めると…
おーーー!!水が出たぁーーー!!!と、あたりまえなことなのに大喜び。
これがもし井戸水だったら、間違いなくお祭り騒ぎ。
でもおかげで、俄然ブルーシートアジトが素敵なところに見えてきた。
忘れてた。
水があるって、ほんとありがたい。
熊本や大分で地震があって、いまだってみんな困っているはずなのに、でも自分はこんなことすら忘れてた…。
 
今年、この倉庫がある町と同じ町にある「みんなの学校」という小さなフリースクールの一つの授業を月一回だけ受け持っている。
倉庫がある山間のその向こう側の、山間の谷間にある荒廃した棚田の跡地で子供たちと小屋をつくる。
小学校3年生にあたる歳の子から6年生にあたる子まで全部で9人。
倉庫の移動やら何やらで、既に大幅に遅れてしまっている進行中の家づくりのピッチはなんとしても上げなければならないけれど、この授業は今年の自分にとっての大切な課題。
それは昨年、事情があって行くことができなかったネパール支援とも関係している。
 
ネパールの大地震が起きてからちょうど一年。
政情不安定なネパールでは、地震後の復興はなかなか進まない。
ネパール地震の発生後すぐにネパール入りし、支援活動を行なった後、自分とネパールを繋いでくれた友人は、熊本での地震発生直後から支援活動を続けている。
自分の知識や経験が少しでも役立つのなら…。
昨年のネパール行きを断念してしばらくして、別の友人からネパールでの支援の相談をされているのだけれど一度その相談を聞いてもらえないだろうかと連絡があった。
東京の郊外でネパール料理店を営むネパール人の男性は、ネパールの2回目の大きな地震の震源地の近くの山間の町で生まれ育ったそうだ。
彼によると、現在も余震は頻繁に続いていて、人々の多くは石と土を積み重ねてつくられた家に暮らしていたものの、その殆どは地震によって崩れ、いまもテント生活を余儀なくされている人が多いそうだ。
加えて、ネパールでは昨年、新憲法が制定されて以来、政情が不安定なこともあり、地震後の復興は思うように進まず、貧しい人々が新しく家をつくることはとても難しいだろうという。
自分が生まれ育った村の人々のためにできることを考えた彼は、地震に強く、しかも安価でできる家づくりの方法がないだろうかと、設計士である私の友人に相談を持ちかけたそうだ。
そこにある素材で、できるか限り安価で、自分たちの手で家をつくるには…。
 
私はネパール人の彼から紹介されたカトマンドゥ在住の建築技師の人から情報をもらいながら準備を進めつつ、日本でネパールの現地と同じ素材を用いた実験棟をつくろうと思っている。

そこにある素材で、できる限り安価で、自分たちの手でつくる。
日本の子供たちと一緒にそれを考え、つくる。
そうやって世界を学べたらそれは素晴らしいのではないだろうか。
 
倉庫の残材の中で一番の厄介もの…
それは、チクチクするグラスウール断熱材の残材と、新建材という名の健建築材料…
その殆どがネパールの山間地では使われていないものたち。
倉庫の回りに広がる田んぼ眺めながら、ネパールを、九州を、そして子供たちが生きる未来を想像する。
 

※写真は、小屋建設予定地の棚田跡。
山からの滲み出し水でぬかるみが多く、少しでも乾くようにと掘った水路はすぐに小川のようになってしまう。
でもこれできっと土地は乾くはず。

13174009_922569457862707_7871167091371895093_n

 
気が付けば随分と長く、ものづくりをしてきたものだ。
転がる石のごとく…とは言え、自分でつくること、つくり続けることだけはけっしてやめない、つくり続けるというわがままに、家族や友人を随分と巻き込んできた。
このくらいの歳になると、誕生日は嬉しいものではなく感謝する日なのだと少しは思えるようになってきた。
自分のものづくり人生を支えてきてくれた家族、そして友人には心から感謝を。
 
…にしても、つくることによって見えてきたモノやコトはあまりにも多い。自分のまわりは、つくっていなければ出会えなかったであろう人だらけだ。
3月。長く暮らした東京を離れ長野市に暮らしはじめてちょうど7年になる。
何か、時代が大きく動き始めている、変化しはじめていると感じるようになったのは、やはりあの日があったからか…長野市に暮らし始めて2年後のあの日。あれから5年。
とは言え、自分がしていることはそれ以前とさほど変わってはいない。
所詮自分は、つくることでしか考えられない、美術から離れられない美術馬鹿なのだとさらに強く自覚する今日このごろ。
 
長野に暮らし始めた当初。自分が生まれ育ったところとは言え、ここがどういうところなのか、ここの人たちがどういう人たちなのかが掴みきれず、暮らしてはいるものの、なんとなく自分は旅行者のような気がしていた。
最初はそんな旅行気分も悪くはないと思っていたものの、足が地についていないような、どこか体が宙に浮いたような状態は自分の精神に対してはあまり好ましい状況ではないな…と感じていた矢先の震災だった。
東京時代から、岩手に行くことが多かった自分は、震災後も岩手を中心に、東北に行くことが多かったのだが、目に見えて変化する被災地の姿とそう簡単には変化しない様々を感じることによって、自分がいま暮らしている長野がどういうところなのかも同時に、少しづつではあるけれど見えてきたような気がする。
 
そして、いま自分がここ…長野に暮らしながら思うことは、長野が急速に都会化している…ということ。
それが悪いとか良いとかではなく、自分が思う都会化とは言葉にするとすれば、二極分裂を繰り返しているということ。
以前は、東京が都会で長野は田舎だったものが、長野の中が都市と田舎になり、さらに都市も田舎も分裂を繰り返しながら次第に細分化され続けてゆくような…。
こうした流れや傾向は、全国各地の中心市街地が空洞化し始めた、30年以上前、日本の高度経済成長期から始まっているとは言え、東日本大震災を機に急速に加速したと思うのは自分ではないはずだ。
 
世の中が変化してゆくのは必然。そして、どんなものも永遠には続かない…。
例えば、いわゆる山村が過疎化、高齢化している状況もある意味では必然、私たちが求めた便利さが結果としてこうした状況を招いたとも言える。
問題の本質は、山村の人口減少問題をどうするのかでは無く、とめどもなく便利さを追い求め続ける現代日本人の暮らしのあり方なのだ。
かつての山村に人がたくさん暮らしていたのは、人々が求める便利さを山村が満たすことができていたから。
いま、そして今後、山村は人々が求める便利さを満たすことができるのだろうか。満たそうとするのだろうか…。
いま私たちが最も考えなければならないことは、私たちが求める続ける便利さとはいったい何かということ。そして、その便利さを得る変わりに私たちが失ってきたものは何であるのか…ということではないのだろうか。
そこを蔑ろにしたまま、例えばそれが山村の人口減少問題だとして、対策は何も講じられないと自分は思うのだが…。
 
美術馬鹿の自分は、何かをつくることでしか考えることができないが、でも、そのおかげで、材料を自分の手でさわり、自分の手が何ができて何ができないのかを知ることができている。道具は便利だけれど、道具を使い過ぎると美しさは途端失われてしまう…。
手でものをつくることによって、便利さとは一体何なのか、便利さによって失うものは何であるのかを感覚として感じることができている、そんな気がする。
 
この世にあれど、目には見えないものを感じることができなければ、人の便利さに対する欲望はいずれこの世のすべてを破壊しつくしてしまう。
それを少しでも食い止めるために美術馬鹿の自分にできることがあるとすれば、いままでさんざん、様々な素材に触れてきた経験を、それを必要とする人に伝えつつ、自分でつくるために必要な場と機会をつくることぐらいではないかと思うのだ。
 
そこで、RIKI-TRIBAL S.A.Wの秘密基地のような工房や倉庫。そして、いままでものづくりをつうじて身についたわずかながらの技術や情報を、開放すべく準備をはじめました。
とは言え、どのように開放し、展開してゆくのが良いのか、スーパースローリーな自分一人だけではなかなか開放計画は前には進みません。
この計画にご興味ある方のご協力を是非お願いします。
ものづくりが好きな人たちが増え、たくさんの気付きのきっかけになればと思います。

12801277_879375218848798_6293240415163486065_n