Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年12月

秋に玉切りしたまま森の中に置き去りにした薪を運び出しに、すっかり冬になった森へ。
薪と春になるまでの月日を数え見比べる自分をよそに、ピスは森に薄く降り積もった雪の上を走りまわる。
746_304628262990166_1411128633_n

379513_304628392990153_741962011_n

広告

Read Full Post »

2012年12月15日 東京都国立市でのロケットストーブWS

RIKI-TRIBAL SUSTAINABLE ART WORKS
Rocket Stoves & Biomass Cooking Stoves Workshop

「ClockType RocketMssHeater Ver.2012」

東京都国立市で開催した『畑の家』WS報告の最終回です。

今年夏…岩手県葛巻町にある「森と風のがっこう」で「森のアトリエWS」を行いました。このWSは森と風のがっこうが昨年から行っている、”子育てと循環の森プロジェクト”を進めるにあたって開催するWSの一つで、森のアトリエは、森と人をつなぐ為の中心的な場となるところ。この森のアトリエのイメージは『森のえほん図書館』…「絵本」が森と人を緩やかにつないでいってくれることでしょう。
WSでは、この森のアトリエ本棚と共に、このアトリエを暖房するためのロケットストーブヒーターをつくりました。
真冬にはマイナス25℃近くまで下がる森風には薪ストーブは欠かせません。
10月半ばから4月いっぱい…実に一年の半分以上が冬であるここでは、大切な薪を如何に効率良く燃焼させるかは、ここでの暮らしにとっての最も身近なエネルギー問題でもあるのです。

薪の種類や質、ストーブの出来によって違いはありますが、いわゆる焚き火で燃やす薪の量を1とした場合、ロケットストーブでは少なくとも1/2…場合によっては1/5まで薪の量を減らすことができるとも言われています。
この薪の量が減る最も大きな理由は、”煙を燃やす”ことのできる燃焼のしくみにあります。この煙を燃やす燃焼構造(二次燃焼システム)は、ロケットストーブに限らず、多くの市販されている薪ストーブにも採用されているしくみ…単純に薪の燃焼効率だけの比較をすれば、巨額を投じて設計・制作された、薪ストーブメーカーのストーブの方が、手づくりロケットストーブなんかよりもずっと燃費が良いのはあたりまえかもしれません。

薪ストーブというと燃費ばかりを気にしがちですが、ロケットストーブ構造が考案された目的性はそもそも燃費の向上だけを目的としていたのでは無かったことを私たちは忘れがち…知らない人も多いと思います。

もちろん、ロケットストーブの性能をより向上させることが悪いとは言えません。
性能を高め、この燃焼構造をさらに付き詰めて行けば、もしかするとやがては、ストーブメーカーのストーブと何ら変わらない製品にまで進化してゆくのかもしれません。
…でも、そうなることについてあれこれ考えてみると…メーカー制の薪ストーブにとは違う…ロケットストーブだからこそ可能なことが、実にたくさんあることに気付きます。…でも私がいま、そうした可能性について話してしまうことは結局、ロケットストーブの可能性を摘み取ってしまうような…
ロケットストーブの性能だけを高めてゆくことと同じような気もします。

あえて言うとすれば、隙間だらけなところがロケットストーブの最大の魅力…この隙間があるからこそ、ロケットストーブはたくさんの人々を魅了するのだと思うのですが…。

「ああ~~なんだよ~!全然燃えね~じゃん…」
「やった~!!火がついた!」
「おっ!煙が少ない!」
「薪拾いにいかなきゃ…」

いま、この国で暮らしていると、ついつい忘れがちなことがたくさんあります。
でもその忘れがちなことこそが、私たちがこの世界に生きるみんなと一緒に生き続ける為に最も必要なことだと私は思います。

写真①:森と風のがっこう
「森のアトリエ」のロケットストーブマスヒーター+ヒートベンチ
写真②:畑の家WS 時計型 改 ロケットストーブヒーター制作中
写真③:ClockType RocketMssHeater Ver.2012 Ver2012
写真④:もろもろ

227085_302272246559101_936833942_n_512

63741_302271586559167_1084529223_n_512

74057_302271993225793_2014751382_n_640

580552_310778939041765_1629395150_n_640

Read Full Post »

RIKI-TRIBAL SUSTAINABLE ART WORKS
Rocket Stoves & Biomass Cooking Stoves Workshop

先週の土曜日に開催した、『畑の家』でのWSのメインテーマは、畑の家を暖房するための“ロケットストーブヒーター”をつくることでしたが、その前に、「煙が燃える?」についてもうちょっと詳しく見てもらいたい…と思って、
自作 TLUD Stovesを使ってみてもらうことにしました。

TLUDは、Top Lit Up Draftの略です。
…とは言っても、なんのことだかわかりませんね・・・。
TLUD Stovesは、Woodgas Stovesの一つ
木材などのバイオマス資源が燃える際に発生する可燃性ガスを燃焼させる驚き桃の木の優れものストーブです。

Rocket StovesもTLUDも、
①煙を燃やす燃焼構造(二次燃焼)
②身近な材料で自作可能
である点からするとかなり似ている兄弟型ストーブですが、とは言え…それぞれには長所短所があって、どちらが優れているかという答えは出しにくいとは思います。
ヒーターとして使うのなら、ロケットストーブ
コンパクト性では断然、TLUD
といった感じですが、個人的にはTLUDってすげ~じゃん!…といったところです。

そしてなにより、TLUDの最大の特徴は、煙を燃焼させることによって「バイオ炭:Biochar」ができることです。
…言い換えると、バイオ炭がつくられる過程で発生するガスを燃料として燃やすのがTLUD Stoves です。

…と書き出してしましましたが、「バイオ炭(Biochar)」とはじめて聞く人も多いかもしれませんね。

バイオ炭(Biochar)とは、木材や植物などのバイオマス燃料を、酸素の少ない状態で加熱し熱分解を経て得られる炭素に富んだ物質のこと…ようするに炭のことですが、備長炭など、主に調理用燃料として使われるような木炭をはじめ、有機農業などで用いられたり、土壌改良材として用いられる籾殻燻炭などもみなバイオ炭=Biocharです。
このバイオ炭(Biochar)は、『炭素循環』という概念と大きく関係しますが、この炭素循環を促す装置の一つがTLUDなのです。

バイオ炭(biochar)炭素循環についての参考
「亀岡カーボンマイナスプロジェクト」
http://www.6minus.jp/carbon/index.php

TLUDストーブ本体の中に燃料として入れた木片の上部に火がつくと同時に木片からは可燃性ガスが発生します。この可燃性ガスに、きっかけとなる火によって温められた空気が混じりあうことによってWoodgasが燃焼し始めます。
Woodgasが燃焼することによって、燃料となる木片は酸素の少ない状態で加熱され、熱分解を起こしながら、可燃性ガスが燃え尽きると炭へと変化します。
この段階で酸素を完全に遮断すればバイオ炭(Biochar)となり、このままさらに酸素を送り続ければ、炭が燃え尽きるまで燃え続けます。

地球上の炭素量…二酸化炭素量が増加することは、地球環境に悪影響を与えることは既に周知のとおりですが、バイオマス燃料をTLUDのような装置を使うことによってバイオ炭をつくることが可能で、地球上の炭素を長期にわたって(数千~数万年と考えられている)固定することが可能になると同時に、バイオ炭を土壌改良に持ちいることによって、土壌の保水性や透水性、肥料保持性を高めることも期待できるのです。
土壌が元気になれば、植物が良く育つということですね。

日本は間伐や伐採を必要とされた山…林業従事者が減り放置されたままの森林が無数にあります。
こうした深刻な林業問題ではあっても、こうした発想の転換によって、資源の宝庫として考えることもできるでしょう。

身近な材料で誰にでもつくることのできるTLUDが、これからの未来をつくる大きなきっかけになるかもしれません。
一家に一台、TLUD!いかがですか。

写真:お化粧し直した、我が家のロケットストーブヒーター
と、TLUDたち
230247_301838949935764_1140751445_n

Read Full Post »

先週末の土曜日、RIKI-TRIBAL SUSTAINABLE ART WORKS
は、Rocket Stoves & Biomass Cooking Stoves Workshop
『 畑の家 』の ロケットストーブ ワークショップ を開催しました。

午前中は子ども向けWS
今年はあちらこちらで、Rocket StovesWSを開催してきましたが、子ども向けに開催するのは今回が初めてです。
正直なところ、子どもに Rocket Stovesについて伝えるのは難しい…というか…、そもそもRocket Stovesという燃焼構造が如何に優れているか…なんてことに興味を抱く子どもがいるとは思えません。
焚き火することすら、はばかれるようになってしまったこの国では、火は次第に暮らしから遠退いてしまっています。

火は私たちにとって欠かすことのできないものであるいっぽう、私たちの想像をはるかに超える力であることを忘れてはならないと思います。
かつて縄文人が暮らしていた竪穴式住居の中心には決して絶やすことなく火が焚かれ続けていたと考えられているそうですが、様々な側面から当時の遺跡を調査した結果、食料の調理の殆どは家の中では行われずに家の外で行われていたということも解ってきたそうです。
…おそらくその時代に生きた人々にとって「火」は何よりも大切なものであって、「火」を雨や風から守る為の場所として住居を用意し、その「火」と共に暮らし続けることによって、火と生命が直結しているという意識を常に人々が抱くことができていたということなのかもしれません。
やがてこの家の中心で燃える火の存在が神棚へと変化していったと考えることもできるようですが、いまや神棚がある家すら少なくなってしまったこともまた、火と私たちの生命が遠退いたという現れなのかもしれません。

薪に火が上手く点けられなければ、いくらRocket Stovesであろうと煙たくて目が痛くなります。
火が点けば煙が消える…それがRocket Stovesの優れた燃焼構造なのですが、それが如何に優れているかは、焚き火の煙が目に沁みた経験をした人にしか解らないはずです。

…ということで、子どもに手伝ってもらって赤レンガを積んでRocket Stovesをつくりました。
写真がそれ。(写真は、佐藤ゆかりさんから拝借しました。)

「燃えないよ~煙たいよ~」
そりゃぁそうです…そんなに薪を突っ込みまくったら、空気が入らなくて火が消えちゃいます。
…でもそんなことは教えてやりませんけど…。

Rocket Stovesを最も早く、そして最も簡単なつくり方が煉瓦ブロックを用いる方法。
この構造がRocket Stovesにとっての核心部です。
煙を燃焼させる為に必要な温度は約690℃~750℃ほどなので、800~950℃で組成された素焼き煉瓦(いわゆる赤レンガ)で耐火性能は十分です。世界中のあちこちでは日干し煉瓦(天日乾燥粘土ブロック)でRocket Stovesをつくっているところもたくさんあります。

参考:How to Make a 16 Brick Rocket Stove
…Rocket Stovesの開発者 Dr. Larry WiniarskiによるWorkshop

次は、TLUD(WoodGas Stoves) へと続きます。

537600_301390479980611_2019923253_n

Read Full Post »

夏のあいだに…
いや、せめてあと1か月早く始めればよかった。
冬が降りてくるまでに森から薪を運びださなきゃならない。
周囲を山々に囲まれたここでは冬が見える。
もうここは冬に囲まれている。
ここらあたりの冬は山の上から降りてくるものだ。
唐松の森には金色の雨。
雨がやめば、山の上から冬が降りてくる。

263574_289928414460151_222284587_n

Read Full Post »

「竜宮淵」

悩んだ末に、アトリエを引っ越しすることにしました。
アトリエ…とは言っても、作業ができる場所という程度ですが…。
場所は、私の育ったあたり…旭山に沿って流れる、裾花川の川沿いです。ここから見える風景は最高です…が仕事するには不向きです。

このあたりは、その昔から竜宮淵と呼ばれています。
裾花川の急な流れが旭山の堅い岩盤にぶつかって水の流れが渦を巻くことによって深い淵をつくるようです。
その昔…旭山をえぐるように流れる水の流れと深い淵は、まるで竜が泳いでいるようだ…という想像が産まれ、その想像は次の想像へとつながり、やがてこの淵はどこか異界に繋がっているのではないかとも考えられたのでしょう…。
この淵は竜が住んでいる淵…竜宮淵と呼ばれ、山の神と水の神が宿る場所となったのだと思います。
この淵の上手には水神社が祀られ、下流の町、妻科町の方々によって神社はいまも守られています。

私の新アトリエがある場所は、戦前から「竜宮鉱泉」という温泉宿があった場所で、かつてこのすぐ傍を「善白鉄道」という鉄道が通っていた頃には、この竜宮鉱泉にたくさんの人々が訪れていたそうです。
竜宮鉱泉は、その後、料亭へと変わりながらも続いていたのですが、昭和45年頃に起こった火事を期に閉鎖され現在に至ります。

私の父の話では、少し前までは今よりも大きく岩が淵にせり出していて淵ももっと広く、深かったらしく、夏になると、そのせり出した岩の上から、赤いふんどし姿の人たちが、竜宮淵に飛び込んで遊んでいたということです。
私も子供の頃に、淵の向こう側の洞窟のようになった場所に何度か泳いで渡ったことはありますが、岩の上から飛び込んだことはありませんでした。子ども頃にそれを知っていたらきっと飛び込んでいたでしょうけど…。

かつて、裾花川の流れはかつてここから1KMほど下流…長野県庁のあたりから東の方向に…現在の昭和通りの方向に流れながら、そこから何本にも分岐しながら最終的には自然に地中にしみ込み流れは消えていっていたそうです。
そうした川の流れですから、時折洪水となって門前まち周辺に大きな被害をもたらしたようですが、そのいっぽう、上流から肥沃な土を運び込まれたことでこの流れの先に田や畑がつくられるようになったはずです。
やがて洪水被害が起こらないように、裾花川の流れを人工的に変えつつ、以前の川の流れは農業用水路(善光寺平用水)として整備されます。昭和40年代に上流に巨大なダムが築かれて以降、門前まち周辺には大きな水害は殆ど起こらないようになりました。

私が小学生だった頃、魚つりが流行った時期があったようです…。
学校から帰って川に行くと、大人も子どももたくさんの人が釣りをしていました。いま、川で釣りをする人どころか川で人を見かけることは殆どありません。これも娯楽の変化だと言えばそれまでですが、こうして川の流れを殆ど見なくなった私たちの暮らしをあらためて思うと、私たちにとっての暮らしが便利で快適になればなるほどに、此処にしかない風土から私たちはどんどん遠ざかっているということに気が付きます。
竜宮淵を眺めていると、この風景こそが長野らしさ…この風土が門前町にとって欠かせないものなのかもしれない…と思います。

…さてと、仕事しなきゃ。
483125_270194226433570_794236175_n

Read Full Post »

先週の土曜日
“Rocket Stoves & Biomass Cooking Stoves Workshop”
『 畑の家 』の ロケットストーブ ワークショップ
を、東京都国立市谷保の「畑の家」で行いました。

国立市は、私が大学生の頃からのおよそ25年間を暮らしてきた町です。
この町で暮らしていたいたからこそ出会った人…この町に暮らしていたからこそ考えることができたことは数え切れません。
いまこうして長野市で暮らしているのも、自分が生れ育った長野市に戻ってきて何か新しいことを始めた…ということではなくて、国立市で暮らし考えてきたことをいまは長野市で続けている…のだと思っています。
国立市を離れて数年…私の思考性の大半が、「くにたち」という町に暮らすことによって育まれたと言ってもけっして言い過ぎではないと思うにつけ、あの町の何がいったい私を育んだのかはとても興味深いことです。
そんな国立市で…しかも今回のWSの開催場所である『畑の家』が、かつて自分が国立市に暮らし始めた頃の面影を残す谷保地域にあるせいでしょうか…自分にとっては「人を育む」為に必要な何かを感じることのできたWSだった気がしています。
ご参加下さった方、そして、私を呼んでくれた まゆみさん、どうもありがとうございました。

“Rocket Stoves”は、今から30年も前に考案された煙を燃やすことのできる燃焼構造です。固形燃料が燃える際の ゴ―! っという音がロケットエンジンを連想すること、ヒートライザーとよばれる燃焼室内の炎が、ロケットの吐き出す炎のイメージに近いことから、ロケットストーブと呼ばれるようになったようです。
Stovesは、英語ではおもに「調理器具」の意味に近く、したがって、”Rocket Stoves”とは、ロケットストーブ式調理器具という意味に近いと思います。
日本語で言うところの ストーブ=暖房器具は、正確には“ロケットストーブ式ヒーター”ということになります。

このRocket Stoves燃焼構造の優れている点は、
①煙を燃やすことによって煙による致命的な健康被害を軽減することができることはもちろんのこと、
②煙を燃料とすることによって一次燃料(木材、家畜の糞などのバイオマス固形燃料)を大幅に減らすことができると同時に、
③燃焼のしくみが極めてシンプルで単純であることから、
④その土地にある材量でつくることができる=廃品や誰にでも入手可能な素材でつくることができる。さらには、
⑤専門的な知識が無くても、ほんの少しの理解によって誰にでもつくれる。
…という特徴が挙げられます。

ここ数年、日本ではRocket Stoves人気が続いています。
こうした人気傾向を否定するつもりはありませんが、その出会いがたまたまであれ、この燃焼構造に興味を持ってもらえるのならば、ほんの少しだけでもその背景も知って欲しい…。
この世の全ては、目に見える側面と目には見えない側面の両面によって存在しています。
もしも私達日本人が「いま」Rocket Stovesという燃焼構造を知り、それをこの国で使ってみることを通じて、今まで見えなかったものが見えてきたり…いままで気付かなかったことに気付いたりするのだとすれば、それこそがこの日本で、いま、Rocket Stovesを使う最も重要な意味となると私は思います。

しかしながら、Rocket Stovesが考案された30年前よりもRocket Stovesをめぐる周辺の状況はさらに悪化の一途を辿っています。
世界人口約60億人のうちの約50%…30億人がいまも固形燃料(木や家畜の糞など)を燃やして調理するしかない状況にあると言われています。
この現実を生きる人々は様々なタイプのBiomass Cooking Stovesを使いつつ、いまも新しいタイプのStovesを様々に考案し続けています。
それは、そうした人々が選択の余地無く、生命の循環の網の目の中で生きるしか無いということなのです…。
私たち日本人が、原発の是非を問うているいまと同じいまに生きながら…。

Improved Biomass Cooking Stoves
http://stoves.bioenergylists.org/

写真は、自作の小型 TLUD Cooking Stoves (Woodgas Stoves)
先日のWSの様子は、次の投稿にてご報告します。

先日のWSでは、畑の家にRocket Stovesを設置するまでに至れませんでした。
したがって、
『畑の家』”Rocket Stoves & Biomass Cooking Stoves Workshop Vol2”
を、年明け~2月頃には開催したいと考えています。
日時などについては、正式に決まり次第、あらためて告知いたします。

215119_300968816689444_1625851204_n

Read Full Post »