Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年11月

2011 3.11の福島第一発電所での事故以来、原発を無くそうという動きが急速に活発化した。
自分は…と言えば、原子核の変換や核反応に伴って放出されるエネルギーは、それがどんな目的、方法であろうと、人類はそれを利用すべきでは無いと考えている。
やがて放射性物質を完全に除去できるような時代がきたとしても…。
その観点からすれば、核反応エネルギーを使用する原子力発電所も同様に反対の立場ではあるけれど、3.11の原発事故以降、活発化した「脱原発という思考性」が必ずしも持続可能社会へと向いてはいるわけではないとも思っている。

3.11以降、急速に活発化した脱原発という思考性はまた、原発から自然エネルギーへの転換という思考性を大幅に加速 拡大させた。
太陽光や太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱などを、「絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギー」「利用する以上の速度で自然に再生するエネルギー」を 再生可能エネルギー(Renewable Energy)と呼ぶ。
自然エネルギーは再生可能で地球環境に対する負荷を減らす…果たしてそれは本当なのだろうか…。
この再生エネルギーの導入・促進しようとする動きは、そもそも石油に代わる代替エネルギー模索から、1994年に太陽光発電パネル設置に対する補助金制度が、1997年度には風力発電事業に対する補助金制度を通じて、国の政策として推し進められてきたもの…脱原発の声の高まりに応じて始まった政策ということでは無い…。

戦後日本の工業化を柱とした順調な経済発展は、1973年の第四次中東戦争に端を発したオイルショックにより急ブレーキが掛かかる。そして1974年、石油に代わる代替エネルギーを模索、原子力発電所、水力発電所、地熱発電所等の設置を促進するための、電源開発促進税制度が始まった。
これはようするに、安定したエネルギーの確保は安定した電源の確保に欠かせないということであり、エネルギー資源だけがあってもそれを電気にできなければ意味は無い…ということに近い。
エネルギーの安定=電気の安定=経済の発展・安定=国の発展・安定…という公式の重要性を国民全員に知らしめた…ということだろう。
この制度の導入によってこれ以降、石油に代わる代替エネルギーの中心は、原子力へと向かい、日本各地に原子力発電所がつくられてゆくことになるが、電気の安定=国の安定…という公式はそれ以外にもあらゆるエネルギーの可能性へと向けられてゆくことになる。
そうしたあらゆるエネルギーの可能性の一つが、再生可能エネルギー=自然エネルギーを活用したエネルギー政策だ。

太陽、水、風、土…自然は、私たちの生命にとって欠かすことのできない…いや、私たちの生命はそうした自然と一体であり、全ての自然という生命が私たちの生命と繋がりあうことによってこの世を生きている。
自然とは何かを言い表すことはとても難しいけれど、私たち人間もまた自然の一部であり、その一部が優位に立ちその他の自然が阻害されれば、そこには自ずと歪が生じることは明らかだ。
そういった観点からすれば、自然が持つエネルギーを私たちが必要とするエネルギーへと変換するにあたっては、全体としての持続性には細心の配慮が必要であり、それが石油や石炭などの化石燃料であれ、鉄鉱石であれ、ウランであれ、太陽光であれ、風力であれ、全て同じ。
しかし私たちはどこかで、太陽光、水力、風力…といった再生可能エネルギーが「自然」であり、自然エネルギー利用こそが正しい未来のありかだと思い込んではいないだろうか…。

2009年11月…民主党政権になってからわずか2ヶ月後、「固定価格買取制度」という法案が閣議決定された。
それまで、国の財政によって助成、普及させようとしてきた太陽光発電ではあったが、この法案によって、個人家庭に取り付けてた太陽光パネルによって発電され、使い残された電気を日本中の電気利用者が全て、¥42/1kwで買い取らされるというもの…「太陽光促進付加金」という形で、電気料金の使用料に応じて課金され徴収される。
さらに、あの2011年3月11日の午前中…「再生可能エネルギー特別措置法案」が閣議決定された。これは、個人の屋根に乗せられたパネル以外…売電目的に造られた太陽光発電所、風力発電、地熱、小水力発電、バイオマス発電…など、いわゆる再生可能エネルギーによって、発電された電気は全て、全ての電気利用者が向こう20年間に渡って全量を買い取る制度。
この制度上で勘違いしがちなのは、この電気を買い取るのは電気会社では無いということ…。
電力会社は、国に代わって、徴収・支払い等などの事務処理をしているにすぎず、再生可能エネルギー発電によって発電された電気を買い取るのは、電気利用者であり、さらに、大量の電気を使う企業は8割が割引かれ、その割引かれた分はそれ以外の利用者が二重に負担することになる。

こうした法制度によって、太陽光や風力をはじめとする再生可能エネルギー利用が普及、推進されてきていることには、なんとも言いようの無いやるせなさを感じるが、それよりなにより、私がこうした自然エネルギー利用で最も危惧するのは、その設備の設置方法と、その後表面化するであろう大量の有害廃棄物…発電ゴミの問題だ。
2013年度中には太陽光発電はドイツを抜くとまで言われるようになるいっぽう、パネルの耐久年数が過ぎる2030年頃になると、年間25万~70万トンのパネルが廃棄物になるとも言われている…。
いま現在の太陽光発電パネルの内部には、レアメタルやシリコン樹脂、その処理を誤れば、人体に影響を及ぼす「鉛」「カドミウム」などの重金属が含まれていて、それらを適切に分別、解体処理しなければ自然界に溶け出す可能性は極めて高い…。
先日、お会いした、ヤドカリハウスの山田征さんが、「済産業省 新エネルギー対策室」に問い合わせたところ、現在のところ、こうしたパネル類の後処理の方法は何一つ決まっていない…という回答があったという。

私たちは自然を言葉として理解しすぎるがあまり、自然に近づかなくなってしまった。そうした結果が、山間地の疲弊を招き、都市への人口集中や中山間地の過疎高齢化問題を加速させている。
「原発に代わる自然エネルギー」という呪文…。
私たちはいま何処に立っているのだろう…。
未来を何処に立って想像しているのだろうか。

 

 

八戸太陽光発電所(仮称)の完成予想図。
出典:三井不動産

1477388_461574880628836_1361753198_n

広告

Read Full Post »

1970~1980年代、先進国の急速な工業化によって生産量や貿易量が増し、それと同時に排出される有害産業廃棄物の量は激増。先進各国が国内の環境規制を強めるいっぽう、処理しきれない産業廃棄物は東欧やアフリカ、太平洋諸国などの規制や監視の緩い途上国へ大量に輸出され投棄されるといった状況を招いていた。
こうした状況を改善するための国際法…有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関する国際条約「バーゼル条約」(1989年に採択、1992年に発効、1993年 日本も加盟)があるものの、この条約はゴミの国境移動を全面的に禁止するものではなく、規制にとどまるものであり、リサイクル目的の輸出を禁じていない。
それはようするに、目的を「最終処分」から「リサイクル」にすり替えることによって、廃棄物を輸出あるいは輸入することができてしまうということ…輸入する国において再生利用産業又は回収産業のための原材料として必要とされている場合は、産業廃棄物扱いにはならずに「リサイクル資源」となるということ。

日本の国内法である「廃棄物処理法」では、「売れるものであれば、ゴミではない」という解釈が基本であり、古紙やプラスチックくず、鉄鋼スラグ、鉄スクラップなどの輸出は、『貿易品』という扱いになる。
こうした貿易品としての廃棄物を労働賃金が安い国側で受け入れ、低賃金労働者がそれらを分別する。そうして分別された品々は、廃棄物原価の何倍、何十倍の価格で売買される。
この国…日本に暮らす私たちは、リサイクルは良いこと…好ましいものだと両手を上げて賛成してしまいがちだが、こうした廃棄物リサイクルビジネスを可能にしているのは、実は世界を大きく二分し続ける貧困と格差という目には見えない社会構造そのものであることは私たちは見落としてしまいがちだ。

1995年には、OECD(経済開発協力機構)諸国=先進国から、非OECD諸国(途上国)への有害廃棄物の輸出を全面的に禁止する修正条項(Basel BAN)が提出、成立してはいるものの、その修正案は未だ発効されていない。
日本はアメリカと共に、強硬にこの修正条項に反対を続けてきており、いまもなおこの条項を批准していない。

廃棄物をどうするか…ゴミをどうするか にまつわる問題は、私たちがこの世に生き続けるために極めて重要な問題であるにも関わらず、私たちから廃棄することへの意識は急速に薄らいでしまった。
捨てることに慣れすぎてしまった私たち。
私たちは既に捨てることに快感を感じ、もはや捨てる欲望を抑えきれなくなってしまった廃棄ジャンキーなのかもしれない…。

人の命であれ動物の命であれ、廃棄物であれ、この世に存在しうるもの…という観点からすれば、この世に存在する価値に一切の優劣は無いと私は思っている。
その意味からすれば、廃棄物は私たちの命ともまた密接に関係しているはず。
生と死は隣り合わせ…「廃棄すること」をこの世での価値の終わり…価値の死する時と位置づければ、廃棄を遠ざければ生もまた遠のく…ということ。
廃棄物は、私たちのこの世の生き方とは何であったのかを最も雄弁に語るものだ。
自分たちが如何に生きてきたかを見ずにして…そこからの反省も無しに…ましてやその始末を他国に押し付けてしまっていては、金は生み出しても、生命力は確実に失ってゆくだろう…。

このところの10年間、日本の廃棄物の最終処分量(H22は 1400万トン)は確実に減り、リサイクル量は増えている。
資源がリサイクルされると、エネルギーが節約され、海外から輸入する資源は減っても良さそうだが、しかし実際には、エネルギー消費量も海外からの資源輸入量も減ってはいない。

有害廃棄物を途上国に送らずに自国内で処理することに、真剣に取り組まなければならないのではないか。
国内で排出したものの処理は必ず国内で処理するのだというところから考え始めなければ、ゴミはけっして減りはしない…。
私たちは、ゴミを捨て続け、新たな商品を買い続けることになる。
途上国や、将来の世代に負荷を押しつけることのない持続可能な社会とはどんな社会なのか…。
それは、ゴミという規制概念を解き放つことから始まるのではないか…。
ゴミに近づいてもっとじっくり見てみる。
そうすることできっと、創造への入口が見えてくるのではないだろうか。

1476019_459794187473572_259776538_n

Read Full Post »

レイテ島を中心にヴィサヤ地方のサマール州、セブ州、イロイロ州、パラワン州のほか、去る10月15日に発生したマグニチュード7.2の地震の被災地であるボホール州など、多くの地域が猛烈な暴風雨にさらされ、各地で洪水や土砂崩れなどによる甚大な被害が発生しています。
台風被害に見舞われた方々へのご支援 ご協力を。

1998年の年末から1999年の2月までフィリピンに滞在していたことがある。
私にとっては数回目、妻にとっては初めてのフィリピン。娘はまだ生まれてきていなかったその頃。
これから先、自分はどうするのか…という疑問をどこかで払拭したかった私は、クライミングしすぎで故障した腕のリハビリという無理やりな理由をつけ、フィリピンのクライマー仲間のお世話になりながら、クリスマスから年末年始はマニラで、年明け早々にマニラがあるルソン島の南西にあるパラワン諸島に移動し、島の北のはずれにあるエルニドとういう小さな町にしばらく滞在していた。
帰国した翌月…老朽化した木造賃貸平屋住宅を借り、目的はさておき、とにかくその建物の改修を始めることにした。それは結局のところ、「自分は所詮つくりながら…動きながらじゃないと生きられない…」という半ば開き直りにも近い決断だったけれど、あの2ヶ月あまりのフィリピン滞在が少なくとも私が いまここ に至る上で極めて重要な2ヶ月だったことは間違いない。

フィリピンの首都マニラを含めたマニラ首都圏の人口は2,129万人(2011年)
東京圏(3,700万人)、ジャカルタ、ソウル、デリーに次いで世界第5位の大都市圏を形成している。
その、マニラ首都圏のケソン(Quezon)から北へ1時間ほど…ルパンパンガコ地区に、パヤタス・ダンプサイト (Payatas Dumpsite) という広大な廃棄物処分場がある。
かつて1990年代半ばまで、メトロマニラ港湾部のトンド地区にあった、スモーキー・マウンテン (Smokey Mountain) と呼ばれる最終処分場が、貧困問題に関する国際的な批判対象となりフィリピン政府はここを強制的に閉鎖。
その結果、それまでスモーキー・マウンテンやその周辺で廃棄物を拾ってかろうじて生活できていた人々…スカベンジャー(scavenger)と呼ばれる人々の多くがパヤタス・ダンプサイト周辺へと移住を余儀なくされた。
首都圏から出る膨大な廃棄物は、パヤタスにまったく分別無しに集められ、そこには巨大なごみの山と谷が作られ、そのゴミをスカべンジャー達が仕分けする…。
周囲にはスカベンジャー達の簡素なバラック、彼らが集めた有価物(資源ゴミ)を買い取る業者のバラックが建ち並ぶ。こうして、かつてのスモーキー・マウンテンに勝るとも劣らないスラム…通称 スモーキー・バレー (Smokey Valley)が形成されることになったということだ。

私と妻が1998年から1999年にかけてフィリピン滞在中、クライマー仲間に誘われ、郊外のクライミングエリアに行くことになった。
その道すがら…それまでの街とは何処か異なる気配の街中に入ったかと思うと、バラックが立ち並んでいる光景が目に飛び込んできた。
そこは私がそれまで見たフィリピンとは明らかに異なる場所。ヘドロでぬかるんだ道はそのまま山道へと続き、道の両側はどこまでもがゴミで覆われていた。
帰り道…夕日に照らされてうっすら赤く染まっている山のシルエットを背景に、あちらこちらから、煙が立ち昇っているのが見えた。
車がその山に近づくと、先ほどのあの煙がゴミの山のあちらこちらから立ち昇っているのが見える。
夕日に照らされた煙の中にかすみ佇む人…。
そのゴミの中に埋もれるように建てられたバラックの屋根の下、しらじらとした蛍光灯の明かりに照らされたビリヤード台があったあの風景を鮮明に思い出す…。

私たちがそこを通過した一年後…2000年7月。
パヤタスのゴミ山が崩落し、約500軒のバラックが下敷きとなる事故が起こった。
この事故は、ごみ山の斜面が急すぎたうえに、台風の雨が一週間以上も降りつづいたことが原因であると考えられてはいるが、公式に確認された死者は234名、だが実際の犠牲者は400名とも800名とも言われている…。
この事故から4日後、一度は閉鎖されたパヤタスだったが、メトロ・マニラの廃棄物処分場の処理能力が危機的な状況になったため2001年半ばに再開され、現在に至っている。

先日、東京三鷹にあるヤドカリハウスの山田征さんにお会いした。
私の母と同じ歳の山田征さんは、来年早々、メトロマニラのトンド地区にあるスラム…トンド2の支援活動に行く際に、私のつくったTLUD ウッドガスストーブを持ってゆき、是非そこに暮らす人々に見せたい…彼らならきっとすぐにこれをつくるはずだ…ということで、その制作を依頼された。
その時、私が一緒に行けるかどうかはわからないが、そもそもこのストーブへの関心は、私の中にずっとあり続けている、あのパヤタスの風景があったからだ。
この繋がりに心から感謝したい。

1422497_459214404198217_629915512_n

Read Full Post »