Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘風土’ Category

 

さる2月7日に中川村で開催された、信州自治体学会フォーラム
『人口減少時代の持続可能なまちづくりとは』
「なぜ若者は田舎に向かうのか」 に寄せて書いた文章を公開します。

 

「なぜ若者は田舎に向かうのか」 に想う

 

「なぜ若者は田舎に向かうのか」は、ここ最近の長野市暮らしで気になることの一つでもあるが、若者に限らず、「いまという時代」において人々がいわゆる田 舎に馳せる想いとは何なのか…は、私にとって、そして私が主宰する「美学創造舎マゼコゼ」が行う様々な活動にとっても重要な位置にある。

 

かつて若者は都会へ向かった。その時代にはきっと、「なぜ若者は都会に向かうのか」という討論があっただろう…そして私もそんな若者の一人だったのだ。
若者が都会に向かったことの何かしらが戦後日本の高経済度成長期を支え、都市は拡大の一途を辿り、大都市を中心とした様々な文化が生まれた。そうした先に 『いま』がある。そしてそのいま、若者が都会ではなく田舎に向かうという現象が目立つようになってはいるものの、「若者は都会に向かう」と「若者は田舎に 向かう」 という異なるベクトルであるかに感じる二つの方向性は共に『いま』と深く関係している。
この二つの方向性を繋がりとして捉えなければ、ことの本質はけっして見えてこない。

 

「都会」と「田舎」という相反する二つの言葉のインパクトが大きいがゆえ、風向きは変わり、都会から田舎へと風が吹き始めたのではないか…と期待する人の気持ちも理解できなくはない。
しかし、ことの本質は都会とか田舎とかではなく、若者でもなく、『向かう』の部分にあるのではないかと私は思うのだ。
現に、都会に向かう若者は減ってはいない。日本の総人口は減り始めてはいるものの、東京都の人口はいまだ増え続けている。
http://www.toukei.metro.tokyo.jp/juukiy/jy-index.htm

 

しかしいっぽう、地方に目を向けてみると、正確な調査結果は無いものの、都会から地方へ移住する若者は以前と比較して確実に増えている。
地方…いわゆる田舎では過疎高齢化に伴う人口減少問題が深刻さを増し、田舎から都市へと向かう人が増えるそのいっぽう、都市を離れ田舎へと向かう人々が増えることによって、人の入れ替わりが急速に起こっている。
しかしここで注目すべきは都市であるか田舎であるかではなく、人の意識が大きく二つに分かれ始めていること。

 

そもそも田舎も都会も具体的な場所を示すものではない。田舎とは都会から離れた土地であり、人口や住宅が疎で辺鄙な地域を指しているだけ。都市という概念に対する対比にすぎないのだ。
かつて日本が高度成長期を歩んでいた頃、「田舎」という言葉から連想されるイメージは、人によって多少の違いはあれど、遅れているとか、格好悪い、貧しい…などのイメージが強く、都会はその逆として意識されるものであった。
ところが最近になって、「田舎」のイメージは変化している。
既に多くの若者にとって、田舎はダサいものでも、遅れているものでもなく、生き方・暮らし方、そして考え方についての意識を象徴する言葉となり、都会だけ が進歩的であるという意味は薄れてきた。都会であれ田舎であれ、それぞれが持つイメージが急速に意識されはじめている。
この田舎に対するイメージの変容こそが、都市の若者が田舎に向かい始めている最大の理由だと私は思う。

しかしそうしたイメージの変化があるいっぽう、「田舎」に内在する「貧しさ」のイメージはさほど変わっていない。対する都会には「豊かさ」のイメージが依然として強いということだ。
都会から田舎へと向かう思考性が必ずしも貧しさを望んでいるということではないにしろ、都会の豊かさと比較すれば、「貧しさ」というイメージが未だ根強い 田舎へと向かう思考性を持つ人々は、少なくとも都会からイメージされる豊かさを望んではいない。豊かさを別のイメージとして捉えているはずだ。
それに対しておそらく、田舎から都会へと向かう思考性には、「都会的豊かさ」のイメージが強く関係している。
両者には大きな思考意識の違いがある。もちろん違いは単に違いであり、どちらが正解、どちらが不正解ということではないにしろ、「貧しさ・豊かさ」対するイメージの違いのように、思考意識の違いは、今後さらに増してゆくような気がする。
既に、「都市へ向かう思考」と「田舎へ向かう思考」の違いは地理・地形的な違いや、人口や住宅が疎で辺鄙な地域を指す概念ではなくなり、思考の中心軸に何 を据えるかの違いであり、これからの未来を生きるために必要なもの…のイメージの違いが、「田舎向き」と「都会向き」として現れるのだと私は捉えている。
だとすれば、「なぜ若者は田舎へと向かうのか」という質問に対しても、「田舎へと向かっている」からと言って、その思考意識が必ずしも「田舎向き」であるとは限らない…とも思うのだ。

 

現代社会が抱える様々な歪みは、「貧困」という姿となって現れている。
都会から田舎への気持ちがあろうとも、様々な理由で田舎へ向かえない人は大勢いるだろう。
これからの未来を想像すれば、都会の只中に田舎が必要になるかもしれない…既に都会に田舎はできはじめている。
都会に暮らしてはいても田舎の本質を理解し、都会の中に田舎を創造することは十分可能だと思う。
ようするに、都会であっても田舎はあるし、田舎が都会になってしまうことは十分にあり得るということ。

人は誰しもこの世に生まれた以上、基本的にはその一生が尽きるまでこの世を生き続けなければならない。
田舎であれ都会であれ、人が自らの一生を生きつづけるための場所を求めるのは生命の原則からして極めて当然の本能であり、それを正しいとか間違いとかという論点で語ることはできない。
この世の生命は例外なくすべてみな、なぜ生きるのかを本能的に感じながら生きつづけための場所を探し続けている。
思考意識からすれば、田舎と都会との間に明確な線を引くことは不可能になりつつあるいま…「田舎へ向かう」という意識を揺り動かすものとはいったい何であるのかについて、一人ひとりが真剣に考えねばならない時が来ていると思うのだ。

1975055_686198804833108_5400462293662271094_n

広告

Read Full Post »

山の古民家の屋根の雪は凍りついたまま。
春がくるまで落ちちゃこねえって93歳の爺ちゃんが教えてくれた。
爺ちゃんは二階の屋根の雪下ろし。


水道は凍りついたまま。
凍りついた鍋を薪ストーブにのせて火を付ける。
薪が爆ぜる音。
水が沸騰する音。
信じられないことだらけのこの世の中で。


雪の重さ。
雪の眩しさ。
氷の冷たさ。
薪が爆ぜる音。
水が沸騰する音。
煙の匂い。

10500341_684921674960821_4462460588012579247_n

Read Full Post »

文:小池雅久 絵:茉莉花

 

私たちは日常、自分たちが立っているその足の下のことを気にすることはない。
足元のその下には、植物や農作物を育てることのできる土があることを知ってはいても、その土がどうしてそこにあるのか、土とはなんであるのかについてあまり考えることはない。
街の地面はコンクリートとアスファルトで被われ、泥んこ遊びは既に子供の遊びから遠退いてしまった。
私たちは地球の表面、土の上に生きているにも関わらず、土を見ないように、考えないように、家の中に入れないようにしている。
でもいったい、土が私たちにどれほどの迷惑をかけたと言うのだろう。
この世にあって、これ以上に重要なものが他にあるのだろうか。
すべては土から産まれ、土へと還るというのに…。

 

「 1 」

イギリスの自然科学者、地質学者であり生物学者のチャールズ・ダーウィンは、1882年に死去する一年前、それまで四十年間にわたって観察と研究を続けたミミズと土の関係について、『ミミズと土』として刊行している。
進化論と言えば誰しもがダーウィンの名前を挙げるほどに、初期の進化論を牽引した偉大な科学者がその晩年を費やした研究は、意外にもミミズと土の関係についてだったのだ。
ミミズがいかにして泥と朽ち葉を土壌に変化させるかを主題とするこの本は、私たちが立っているこの大地がミミズの体を通じていかに循環しているかを考察しつつ、私たちと土との繋がりがどれほど大切であるかを気付かせてくれる。
しかしダーウィンがミミズを観察していた時代はまだ、土壌とは単に植物への養分供給源であるといった一面的な考え方が主流で、いくら著名なダーウィンの研究とは言え、同時代の人々からすれば、一生をかけてまで、なんとつまらない研究をしたものだと思われたかもしれない。
ダーウィンは、ミミズと土との関係を観察し続けることをつうじて、表土とは、土壌侵食と下層の岩の風化とのバランスによって維持される恒久的な様相、土は絶え間なく入れ替わってはいるものの常に同じ状態であるものと考えていた。
その考えはまさしく、土壌を地球にとっての皮膚として捉えている現代の視点へと通じるもの。ミミズをはじめとした多種多様な生物による循環が、地球の皮膚でもある薄い表土を肥沃な土へと…といったように、「生きた土」の状態に保ち続けるために機能している。
私たちはそうした生物の働きによってできた土の上に立ち、その土から育ったものを食べて生きている。そしてまた、私たちもそうした生物と同じく、土と共に生きているのだということをダーウィンの研究は私たちに気付かせてくれるのだ。

 

土の中に生息している生物は、細菌のような原核生物からアメーバのような原生生物、キノコや糸状菌などの真菌類、さらには様々な植物、動物にまで、あらゆる生物界にわたる。
多くの植物にとって土はその生育の土台であり、土なくして地球上の多様な植物相は生まれない。しかし逆に見れば、植物によって有機物(枯れた葉や枯れた 枝など)が提供されなければ、土の中の生物もまた生きられない。植物の成長にとって必要な土の肥沃度は、土の中に生きる生物の活動と深く関係していること からすれば、植物と土、そこに生きる生物は互いに影響を及ぼし合う共生体であると言える。

 

豊かで新鮮な土を掘れば、そこに生命を感じることができる。
土に産まれるもの、土に生きるもの、土に還るもの。
目を凝らせば、生物の生と死が、一つの死骸が新しい生命へと再生する生物学的饗宴が見えてくる。
土は呼吸している。土は生きている。
土の香り、それこそが生命の匂いなのではないかと思うのだ。

 

「 2 」

植物は私の知らない多くのことを想像させる。
できることであればこの一生を美術家として生きたい…、そう思わせたのも植物だったけれど、私は植物についての多くを知らない。
植物の名前を覚えるより、植物が「この世をどう感じているのか」が知りたいと思う。

 

住宅街の中にある古い木造平屋の小さな建物を大家に無理を言って借り、「プランターコテッジ」と名付けた場づくりを始めたのもそれが理由だった。天井も窓も風呂場も取り払い、壁面はすべて土の壁にした。
私はこの部屋で植物の根を感じ、土の中の生き物になりたいと思ったのだ。
小さな庭の隅にはジャスミンの苗を植え、朝顔とヘチマと瓢箪の種を撒いた。
それは以前どこかで、植物は混生させることによって成長が早まると聞いていたからだったのだが、予想以上に成長した植物たちは、夏になる頃には見事に屋根全体を覆い尽くし、部屋の中の土が放つ香りはよりいっそう増したように感じた。

 

植物は、地球の表面と大気の底面との接触面を生きている。
その領域を私たちの身体を尺度として捉えれば、「足元からおおよそ手で触れることのできる領域」「手は届かないけれど見ることのできる領域」そして「触 れることも見ることもできない領域」、これら3つの領域を生きる植物は、少なくとも私たちに人間よりも地球についてはるかに知り尽くしているのは間違いな い。

 

明治18年(1885年)長野県更級郡(現在の長野市信更町)に生まれ、小学校、旧制中学校の教師であり地理学者であった三澤勝衛は、大自然である 大地の表面と大気の底面との接触面における一大化合体を地理学上の地球の表面として捉えていた。それは言い換えれば、土壌・植物・動物・人間が互いに大 地・大気と関係しあいながら一体となって表出するもの。そうした地球の表面を三澤勝衛は『風土』であるとした。
三澤によれば、寒い土地であったり、雪が多い土地であったり、水が冷たかったり、風が強かったり、湿度が低かったり…、そうした人間にとって一見望まし くない自然に対しても、それを憎んだり、征服したりしようとするのではなく、風土に従って、その力を活用することでプラスの力が生まれる。
そのためには、風土を知るための「風土計」である、植物・動物・土壌・人類の生活を深く細部に至るまで見ることが必要であると同時に、風土を空間的・時間的視点を持って捉える必要があると言う。
植物は、そうした風土計として極めて優れた性質を持っているが、それは植物が土の中に刻まれた風土の特徴や記憶と直接触れ合いながら成長し、風土を表出する生き物であるからだ。
私たちはそうした風土が育てた植物と共に生き続けてきたのだ。
日本の伝統的な建物は、その殆どが木と土によってつくられている。
それは単に材料がふんだんにあったからというだけでは無く、私たちの祖先が、自然に逆らわず、風土に従って生きた結果が建物にあらわれていると見るべきであろう。
植物と土は、互いに影響を及ぼし合う共生体であることからすれば、木と土によってつくる建物は、おのずと風土の特徴と記憶を表すことになる。
木に触れること、土に触れることによって、私たちは風土をより深く知ることができる。
風土を知ること…。
それは、私たちが立っているこの大地を、いまこの瞬間も黙々と耕しつづけ、土をつくり続けているミミズのことを想うことなのかもしれない。

 

小池雅久 美術家

 

 
「広い芝の生えた平地を見るとき、その美しさは平坦さからきているのだが、その平坦さは主として、すべてのでこぼこがミミズによって、ゆっくりと水平にさ せられたのだということを想い起こさなければならない。このような広い面積の表面にある表土の全部が、ミミズのからだを数年ごとに通過し、またこれからも いずれ通過するというのは、考えてみれば驚くべきことである。鋤は人類が発明したもののなかで、もっとも古く、もっとも価値のあるものの一つである。しか し実をいえば、人類が出現するはるか以前から、土地はミミズによってきちんと耕され、現在でも耕されつづけているのだ」
(チャールズ・ダーウィン『ミミズと土』平凡社、渡辺弘之訳、pp.284-285

 

10850131_651893724930283_2891665950125502364_n

Read Full Post »

信濃川水系犀川の支流 裾花川が善光寺平にそそぎ出る直前…旭山の硬い岩盤にあたった水の流れは深い淀みをつくる。
この淀みに流れ込む水の流れが竜の動きの様でもあるからか、何処か別の世界へと繋がっているような想像を掻き立てるような此処を、人々はいつからか竜宮淵と呼び、近くの高台に水神社を祀るようになったのだろう。

昭和初期までこのあたりには、水車を動力とする商売を営む水車小屋が幾つかあったそうで、小麦や蕎麦を挽いた粉や、菜種や荏胡麻を絞った油は、主に善光寺門前あたりの商店で売られていたのだという。

山と町の狭間にあるここ…竜宮淵に生まれ育った。
感性の育みと育つ場所の間に重要な関係性があることを疑う余地はないけれど、自分という人格は、この狭間、川の淀みの淵に生まれ育ったことと大きく関係していることはどうやら間違いなさそうだ。

長く暮らした東京から長野に戻り、いまは善光寺にほど近い門前の町で暮らしてはいるものの、私のどこか奥底には、門前町の住人に成りきれない何かがあるような気がしてならない。
それは龍宮淵に棲む大蛇の意志 と言ってしまうのは少々格好つけすぎか。

先日、美学創造舎マゼコゼで、
「生命」「美しさ」についてを共に考え、共につくるためのワークショップとして、第1回「火の哲学~火の力」を行った。
このワークショップはシリーズで行うことにしている。
第2回は、22日(火)10時~15時「火と暮らし~木を燃やす」

『美学創造舎マゼコゼ』の活動を本格的にスタートする為に、いままで物置状態だった部屋を片付けた。
既に先月から、絵かきの小林ののこさん主催の「造形教室つちくれ」が始まっている。
私がここでワークショップを行うのは始めて。
今まで東京に暮らしている頃から、全国あちこちでワークショップを行ってきたものの、自分の地元ではあってもなんとなく長野にはアウェー感を感じていた。
そんな自分もようやく長野に暮らしているのだという実感が湧いてきたのは、一年ほど前からか。
きっかけは、山に暮らす友人たちに巡りあえたことであるような気がする。

東京から長野に戻ろうと決意した時、私の視線の先には山があった。
かつて山に背中を向けて東京を目指した私。
振り向けばすぐそこに山がある。
いま私の長野での活動の大半は町と山の狭間
まち暮らしでもない…山暮らしでもない…。
龍宮淵の底で繋がっている未来を想像できそうな気がしてきた。
483125_270194226433570_794236175_n (1)

Read Full Post »

「土の匂い」

長野の何が良いか…という曖昧な質問に答えるとすれば、梅雨の季節の心地よさ と答えるのも良いのかもしれないと思う。

長野で生まれ育っていない妻は、ことあるごとに長野の湿度の低さに関心しつつ、この梅雨の季節になると日本から遠く離れた異国の地に想いを馳せる傾向が強い。
この梅雨の後に訪れる夏を思うと少々憂鬱になる自分は、彼女の話をぼんやりと聞きながら、スコットランド北部 ハイランドの大気を想像する。
今日はこれから松本まで、スコットランドの大気を感じに行ってこようと思う。
https://www.facebook.com/sevenpoemsscotland.in.japan

私たちは誰も皆、大気に満たされている。
大気の構成要素…水分であったり、成分であったり、温度を測ることはできても、大気それ自体がほんとうは何であるのかは誰にもわからない。
唯一確かなことは、私たちはこの大気の中でしか生きられないということ…大気中の水分量、湿度の在り方がほんの少し違うだけで、私たちの意識は大きく揺れ動くということだけなのだ。
それはおそらく、私たち自身がこの地球をかたちづくるものと同じものによってできているから。
梅雨の時期の多湿状態を不快に感じるこはとはあっても、それは大気が地球の状態に呼応して起こる現象…私たち人間が安易に手を出すことはできないのだ。
東京で暮らしていたいた時に感じた、息苦しくなるほどの湿度は、あの広大で肥沃な関東の土と大きく関係している。
高温で多湿…食べ物が腐りやすいのは、土の生成に欠かすことのできない微生物が最も活発に生きられる環境がそこにあるということ。
その環境を阻害せず如何にその環境の中で生きてゆくか…そこにその土地独特の暮らし方が生まれ、食文化をはじめ、衣食住、多様な文化が形成される。

優先すべき環境は何であるのか…。
私たち人間の都合で環境基準をつくってしまっては、必ずや大気循環が阻害される。
いずれ私たちはこの大気中に生きられなくなってしまうのは明らかだ。
日本中、何処に言っても同じ温度と湿度によって管理された住環境では、文化は生まれない…育まれない。
文化とは土のことではないのか。

土はどうやったらつくられるのか…。
『美学創造舎マゼコゼ』の授業がまた一つ増えそうだ。

 

土の臭い

Read Full Post »

東北は1年ぶり。
岩手県の沿岸、釜石市でのあるプロジェクトについて相談を受け、現地視察と打ち合わせに向かった。
私と東北との繋がりは既に10年以上になる…岩手県葛巻町にある「森と風のがっこう」と繋がって以来、東北は…とりわけ岩手は、実にたくさんの気付きを私に与えてくれている。
今回のプロジェクトは、その森風の元スタッフのキビが、釜石市へと活動の場を移したことがきっかけで、彼が所属する「三陸ひとつなぎ自然学校」が始める新プロジェクト。
http://www.fukko-todai.com/santsuna/
『根浜コミもりプロジェクト』と名付けられたこのプロジェクトは、3.11の津波によって、死者・行方不明者約600名という大きな被害を出した、岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)町の沿岸…根浜海岸にある、旅館「宝来館」の裏山エリアを中心に行われる。根浜の森からこれからのコミュニティーを考えるプロジェクト…といった感じか。http://michinokushigoto.jp/archives/7830

…で、私がここで何をするのか。
正直なところ、このプロジェクトの目的は掴みきれないままに釜石に着いてしまった。
とはいえ、いままで何度も一緒に「場」をつくってきた仲間からの誘いでもある。
言葉にするのは難しいけれど、自分とキビとの間では、このプロジェクトが目指すものが、なんとなく共有できている…ような気もしているのだが。
これからはそれを…、根浜の人たち、プロジェクトに関わってくれる人たちと共有してゆかねばならない。

「ここで暮らすということ」
「ここで生きるということ」
「みんなと一緒につくるということ」
こうしたことを、一人ひとりが自分で考える為にはどうしたら良いのか。
これからの根浜、これからの釜石…。
私たちみんなが生きるこれからの社会は繋がっていると感じるための場。
それは言い換えると、『いま・ここ』を感じる為の感覚を育む為の場づくりなのだと思う。

震災から3年。鵜住居町のうち、根浜地区の居住区域の整備計画は完了したそうだ。
震災前、鵜住居川が大槌湾へとそそぎ込む河口には、山から運ばれる砂が海によって打ち寄せられ、南北2kmに渡って美しい白い砂浜が続いていた。だがそれも、津波によって殆どが消滅してしまった。
既に鵜住居川の河口には巨大な水門工事が始まり、この水門から鵜住居町中心地側(北側)には、高さ14Mの防潮堤がつくられる。
これに対して鵜住居川の河口から南へと続く海岸…根浜地区の住民は防潮堤は築かずに現在の海岸線を残したまま、住居を高台へと移転するという選択をした。 今後は、海や山も含めた非居住区域…地域全体の関係づくりが本格的に始動する。

「根浜コミもりプロジェクト」はまだおぼろげなイメージの段階。
しかし、未来は「いま・ここ」の先にある。
「いま・ここ」の先にどんなイメージを描くことができるのか。しばらくは、長野から繋がりの網の目を手繰ってみようと思う。

釜石

Read Full Post »

長野県北安曇郡小谷村の北部に位置する大網地区
ここに暮らす地域の人々が集う場として、また、この地域の暮らしを人々が体験することをつうじて、
これからの未来を共に想像&創造してゆくための施設…『つちのいえ』がもうすぐ完成する。
この「つちのいえ」の暖房装置として、ロケットストーブ式ヒーターを設置することになり、これからここを運営してゆく、大網の仲間たちと一緒に、つちのいえロケットストーブヒーターを制作。

10256902_542655805854076_7679884728628758711_n10170748_297349393764001_5888768374930320180_n

Read Full Post »

Older Posts »